黒住教について

黒住教は、岡山県岡山市に教団本部を置く教派神道です。同時期の江戸時代末期に開かれた天理教、金光教と合わせて「幕末三大新宗教」と呼ばれることもあります。

教派神道とは

教派神道とは、神道系新宗教教団のことです。具体的には幕末期に起こり、明治時代に教派として明治政府に公認された14の神道系教団を指します(後に神宮教が離脱したため13となりました)。

黒住教概要

黒住教は、信者数29万人以上(文化庁「宗教年鑑平成30年版」)という教派神道の中でも、出雲大社教、天理教、金光教に次ぐ規模の大きな宗教団体です。祭神は「天照大神」、「八百萬神」、「教祖宗忠神」の3柱とし、当代教主は黒住宗道となっています。本部は岡山市街地を見渡せる、岡山県北区尾上神道山の、その山上にあります。