カテゴリー: 神道で扱われる物品

神道で扱われる物品

神道と鳥居

神社を参拝するにあたって、人々がほぼ必ずというほど目にする構造物に鳥居があります。その定義は明確に決まっているわけではありませんが、一般には左右二本の柱に笠木や貫などの横材を組み合わせたものをいいます
神道で扱われる物品

狛犬(こまいぬ)とは

狛犬とは神社に奉納、設置されている空想上の守護獣像のことを指します。向かって右側が口を開いて角がない阿形と呼ばれるもので、左側は口を閉じていて角がある吽形と呼ばれるものです。この阿吽の形になっているも