Category Archives: 神道の歴史

日本における神道の信者の割合

日本人の宗教を考えた場合、仏教を信仰している人が多いように感じます。ですが日本では宗教の自由が認められていることもあり、仏教の他に神道やキリスト教など様々な宗教に属していたり、またはあえて宗教に属しておらず無宗教の人がいたりします。文化庁が行った信者の割合の統計調査によると、神道信者の割合は48.1%、仏教系は46.5%、キリスト教は1.1%そしてその他の宗教に属している人が4.3%という結果でした。この結果により実は神道系の人が最も多いことがわかりました。ですが、宗教の自由が認められていることから他の国に比べると特定の宗教に属している人工は少なく、無宗教の人の割合も多いです。さらにたとえ宗教に属していたとしても、年に数回のみ祈りを行う国は世界的に見ても大変珍しく、世界の国からすると、日本人は無宗教だというイメージを持たれることもあります。

戦後の神道の信仰と実践

神道の歴史は日本人の歴史であるため、その歴史は非常に古いです。そもそも、神道は宗教的な側面から信仰の対象となっていたわけではなく、生活とともにそこにあるものとして認識されていたものです。そして、戦後にこういったことを実践できるようになったのは最近になってからです。

神道:旅人に人気の神社

“旅人に人気の神社で真っ先に名前が挙がるのが、出雲大社です。出雲大社は島根県出雲市にある神社で、創立は神代とされています。毎年10月には日本中の八百万の神が出雲大社に集まり、会議が開かれています。神道にとって大切な中心地であるから、旅を楽しむ人にとっても魅力的なスポットです。