神道宗派の違い

神道宗派の違い

神道は仏教と違い、日本人だけに伝わる宗教です。人だけでなく、山や川、木や石なども神と考えられており、動物も神の一つと考えられていました。そのため仏教では信仰対象が唯一神ですが、八百万の神々と表現されるほど多神教であり、様々なものが神となります。初詣には神社に行くほど、日本人にとって身近な宗教であり、決して特別な教えではありません。意外な習慣に、1月1日の元旦は八百万の神々への遥拝、11月23日の勤労感謝の日は新嘗祭という新穀を祝う日になっています。 もっと

戦後の神道の信仰と実践

戦後の神道の信仰と実践

神道の歴史は日本人の歴史であるため、その歴史は非常に古いです。そもそも、神道は宗教的な側面から信仰の対象となっていたわけではなく、生活とともにそこにあるものとして認識されていたものです。そして、戦後にこういったことを実践できるようになったのは最近になってからです。 もっと

神仏習合 について考える

神仏習合 について考える

神仏習合は、名称にもあるように日本において存在していた神道とインドから中国や朝鮮半島を介して伝えられた仏教の各々が影響をもたらして融合し、誕生した事を指します1000年を超える長い歴史を歩んできているが故に多種多様な考え方が絡み合っているのが特徴なので、中には融合しているうちの1つである神道における大きな岩や大きな木、海などあらゆる所に神様が存在しているという考え方も含まれています。 もっと

どのお守りを選ぶべきか?

どのお守りを選ぶべきか?

よく「苦しい時の神頼み」などと言いますが、普段は神様や仏様などのスピリチュアルなことを全く信じていないという人でも、いざ、受験の前や恋人と上手く行かない、はたまた今度出産することになったなどの自分にとっての人生の一大事の際には、思わず神様にお祈りしてしまうというのは当たり前の光景です。 もっと

神道:旅人に人気の神社

神道:旅人に人気の神社

“旅人に人気の神社で真っ先に名前が挙がるのが、出雲大社です。出雲大社は島根県出雲市にある神社で、創立は神代とされています。毎年10月には日本中の八百万の神が出雲大社に集まり、会議が開かれています。神道にとって大切な中心地であるから、旅を楽しむ人にとっても魅力的なスポットです。 もっと

神道葬と死後の世界

神道葬と死後の世界

“神道の教えでのお葬式は、神道葬と呼ばれています。われわれがよく目にするのは、仏教のお葬式が多く日本古来の宗教である神道でのお葬式には、あまり馴染みがないかもしれません。神道葬は仏教のお葬式とは異なる部分があり、死後の世界の考え方や参列のマナーが異なります。基本的な神道の教えを知って、正しいマナーで神道葬に参加しましょう。 もっと

 

冠婚葬祭/暮らしのマナー

神道における浄化の儀式は複数の種類があり、その中で広く知られているのが禊です。一般的にも謹慎などで禊を済ませるという風な使い方をされますが、神道としては身に付いた罪や穢れを落とすために水浴を行なう行事です。

具体的な流れは非常に細かく、魂を振り起こしたり神話で水にまつわる動きをするなどいくつもの行程があります。子どもが成長して一人前として認められるための儀式という役割を持つ場合もあり、その際は祭りに組み込まれたりもします。男性であれば褌、女性の場合は薄衣をまとって水を浴びたり浸かったりすることが多く、地域によって多種多様です。

また身体の中にある罪や穢れを落とすものとは別に、それらが身に付かないようにする行事もあります。物忌みとも呼ばれる斎戒がそれに当たり、肉食を避けたり他人と火を共有しないなどの内容です。祭りとの結び付きが深い行事で、禊と同じように地域によって異なる場合があります。日頃行なっている何気ない動作を、おごそかに行なうという側面も伴います。

特に神事に携わる人は死者を弔ってはいけなかったり、神道に関係のない音楽や歌を控えるといった厳しいしきたりがあります。その目的には自身に穢れや罪が身に付かないようにするだけでなく、神聖な来訪神に移してしまうのを防ぐといった意味も含まれます。

そして複数ある儀式の中で最も重要とされるのが、祓というものです。禊と斎戒の後に行なわれるのが通常で、しばしば禊も祓の中に含まれることがありますが、禊は特に神事に携わる人の罪や穢れを落とすもの、祓は天つ罪・国つ罪という神道で定められた罪を犯した人に対して行なわれるという厳密な違いがあります。

神様を迎える直前の儀式という立ち位置で、個人だけでなく空間そのものを清浄にするという意味合いを持ちます。神道は世の中の全てのものを清めるという考え方が基本となっているため、それに最も近い形の祓が重要というわけです。よく神社で受けるお祓いという言葉もこの祓から来ています。

儀式としては祝詞を唱えたり価値のあるものを出させることで、罪と穢れを落とすものです。神社によっては効果を高めるために、敷地の中に専用の場所を設置することもあります。

祓の中でも特に6月30日と12月31日に執り行うものを大祓と呼び、大祓詞を唱えることで全ての人の罪と穢れを落とすためのものです。基本は年2回ですが、過去には疫病の流行や災害が発生したタイミングで行なわれた例もあります。