神道宗派の違い

神道宗派の違い

神道は仏教と違い、日本人だけに伝わる宗教です。人だけでなく、山や川、木や石なども神と考えられており、動物も神の一つと考えられていました。そのため仏教では信仰対象が唯一神ですが、八百万の神々と表現されるほど多神教であり、様々なものが神となります。初詣には神社に行くほど、日本人にとって身近な宗教であり、決して特別な教えではありません。意外な習慣に、1月1日の元旦は八百万の神々への遥拝、11月23日の勤労感謝の日は新嘗祭という新穀を祝う日になっています。 もっと

戦後の神道の信仰と実践

戦後の神道の信仰と実践

神道の歴史は日本人の歴史であるため、その歴史は非常に古いです。そもそも、神道は宗教的な側面から信仰の対象となっていたわけではなく、生活とともにそこにあるものとして認識されていたものです。そして、戦後にこういったことを実践できるようになったのは最近になってからです。 もっと

神仏習合 について考える

神仏習合 について考える

神仏習合は、名称にもあるように日本において存在していた神道とインドから中国や朝鮮半島を介して伝えられた仏教の各々が影響をもたらして融合し、誕生した事を指します1000年を超える長い歴史を歩んできているが故に多種多様な考え方が絡み合っているのが特徴なので、中には融合しているうちの1つである神道における大きな岩や大きな木、海などあらゆる所に神様が存在しているという考え方も含まれています。 もっと

どのお守りを選ぶべきか?

どのお守りを選ぶべきか?

よく「苦しい時の神頼み」などと言いますが、普段は神様や仏様などのスピリチュアルなことを全く信じていないという人でも、いざ、受験の前や恋人と上手く行かない、はたまた今度出産することになったなどの自分にとっての人生の一大事の際には、思わず神様にお祈りしてしまうというのは当たり前の光景です。 もっと

神道:旅人に人気の神社

神道:旅人に人気の神社

“旅人に人気の神社で真っ先に名前が挙がるのが、出雲大社です。出雲大社は島根県出雲市にある神社で、創立は神代とされています。毎年10月には日本中の八百万の神が出雲大社に集まり、会議が開かれています。神道にとって大切な中心地であるから、旅を楽しむ人にとっても魅力的なスポットです。 もっと

神道葬と死後の世界

神道葬と死後の世界

“神道の教えでのお葬式は、神道葬と呼ばれています。われわれがよく目にするのは、仏教のお葬式が多く日本古来の宗教である神道でのお葬式には、あまり馴染みがないかもしれません。神道葬は仏教のお葬式とは異なる部分があり、死後の世界の考え方や参列のマナーが異なります。基本的な神道の教えを知って、正しいマナーで神道葬に参加しましょう。 もっと

 

神道による日本の創世

神道は、日本に古来から伝説として伝わってきた八百万の神々への信仰に、仏教や道教、儒教などが影響が加わった民間信仰と儀礼の複合体で、特定の教祖を持たずに動植物やその他の生命の宿らないものでも神聖なものとした精霊信仰的な日本ならではの宗教です。神道は古事記や日本書紀といった古典書物が教典とされており、この中には世界の始まりから神様の出現、日本の成り立ちや皇位の継承まで細かく描かれています。それによると、まず天地の始まりのときに「高天原(たかまがはら)」と呼ばれる天上世界が生まれ、その高天原に次々と神々が出現します。そこに最後に出現したのがイザナギノミコトとイザナミノミコトで、この二柱の神様が結婚して神々によって国づくりを命ぜられることになります。

天の沼矛(あめのぬぼこ)と呼ばれる矛を授けられた二柱の神様が降り立ったのが現在の日本ですが、高天原にある天の浮橋という大きな橋の上に立って下界をみると、まだ日本は地面が形成されておらず泥のような状態であったため、神々から授かった矛をその中に挿し下ろしかき混ぜて引き上げてみると、矛の先から滴り落ちたしずくが島になりました。二柱の神様はその地に降り立ち、天の御柱(あまのみはしら)という柱を立て、これを基にして多くの島々を生み出します。始めに生まれたのが淡路島で、続いて四国・隠岐島・九州・壱岐島・対馬・佐渡島と次々に島が生まれ、最後に本州が生まれます。これらの生まれた合計8つの島々は大八島国(おやしまのくに)と呼ばれ、日本の創世期に当たります。

更に、児島半島と小豆島・周防大島・姫島・五島列島・男女群島の合計14の島々を生み出したイザナギノミコトとイザナミノミコトは、国を育むための神々を生み出す「神産み」の段階へと進めますが、イザナミノミコトが火の神様を生み落そうとしたときにやけどを負ってしまい、それがたたって命を落としてしまいます。悲しみに暮れるイザナギノミコトは黄泉の国に行きイザナミノミコトを連れ帰ろうとしますが、イザナミノミコトは既に悪霊になってしまったためひとりで下界に戻り、身を清めるために左目を洗うと天照大御神(あまてらすおおみかみ)、右目を洗うと月読命(つくよみ)、鼻からは須佐之男命(すさのおのみこと)が誕生し、日本の国の礎が完成しました。このように、日本の国は多くの神々の力によって形成され今日の基礎が打ち立てられたというものが、神道による日本の創世となっています。