神道宗派の違い

神道宗派の違い

神道は仏教と違い、日本人だけに伝わる宗教です。人だけでなく、山や川、木や石なども神と考えられており、動物も神の一つと考えられていました。そのため仏教では信仰対象が唯一神ですが、八百万の神々と表現されるほど多神教であり、様々なものが神となります。初詣には神社に行くほど、日本人にとって身近な宗教であり、決して特別な教えではありません。意外な習慣に、1月1日の元旦は八百万の神々への遥拝、11月23日の勤労感謝の日は新嘗祭という新穀を祝う日になっています。 もっと

戦後の神道の信仰と実践

戦後の神道の信仰と実践

神道の歴史は日本人の歴史であるため、その歴史は非常に古いです。そもそも、神道は宗教的な側面から信仰の対象となっていたわけではなく、生活とともにそこにあるものとして認識されていたものです。そして、戦後にこういったことを実践できるようになったのは最近になってからです。 もっと

神仏習合 について考える

神仏習合 について考える

神仏習合は、名称にもあるように日本において存在していた神道とインドから中国や朝鮮半島を介して伝えられた仏教の各々が影響をもたらして融合し、誕生した事を指します1000年を超える長い歴史を歩んできているが故に多種多様な考え方が絡み合っているのが特徴なので、中には融合しているうちの1つである神道における大きな岩や大きな木、海などあらゆる所に神様が存在しているという考え方も含まれています。 もっと

どのお守りを選ぶべきか?

どのお守りを選ぶべきか?

よく「苦しい時の神頼み」などと言いますが、普段は神様や仏様などのスピリチュアルなことを全く信じていないという人でも、いざ、受験の前や恋人と上手く行かない、はたまた今度出産することになったなどの自分にとっての人生の一大事の際には、思わず神様にお祈りしてしまうというのは当たり前の光景です。 もっと

神道:旅人に人気の神社

神道:旅人に人気の神社

“旅人に人気の神社で真っ先に名前が挙がるのが、出雲大社です。出雲大社は島根県出雲市にある神社で、創立は神代とされています。毎年10月には日本中の八百万の神が出雲大社に集まり、会議が開かれています。神道にとって大切な中心地であるから、旅を楽しむ人にとっても魅力的なスポットです。 もっと

神道葬と死後の世界

神道葬と死後の世界

“神道の教えでのお葬式は、神道葬と呼ばれています。われわれがよく目にするのは、仏教のお葬式が多く日本古来の宗教である神道でのお葬式には、あまり馴染みがないかもしれません。神道葬は仏教のお葬式とは異なる部分があり、死後の世界の考え方や参列のマナーが異なります。基本的な神道の教えを知って、正しいマナーで神道葬に参加しましょう。 もっと

 

神道での神について

神道における神とは一体何であるのか、どのような存在であるのかなど、いざ考えてみると説明が難しいという方もいるでしょう。日本人にとっての神とは、ある意味で身近で自然な存在であるため、改めて思いを巡らすといったことは少ないのが事実です。


それでは神とはどのような存在であるのかというと、日本の場合、人やその他の動物、あらゆる自然などの万物は神から誕生したものであると考えられています。つまり、我々人間は神の子孫であると言えます。このことは日本書紀や古事記などに記載されており、一番初めにこの世に誕生した神から多くの神々、そして日本列島や自然が誕生している様子がうかがえます。


このような日本の神話は、世界的に有名な宗教であるキリスト教やイスラム教とは少し異なった思想を持っているのが特徴です。キリスト教やイスラム教の場合は一神教であり、特定の存在をたたえます。その点において、神道とは大きく異なります。一神教では神と我々人間とはかけ離れた存在であり、決して比較できるような存在ではありません。しかし神道においては、神から誕生した人はまるで親子のような関係であるため、より身近な存在として人々に認識されているのです。神という存在が人間と異なり畏れ多いものであることは事実ですが、我々人間と比較的近しい存在であることから、彼らの思想を推し量るということが可能になります。神からの庇護を得るためには、彼らが一体何を望んでいるのかを推し量って考えることが求められるのです。以上のように、神道とキリスト教やイスラム教では特徴が異なることが分かります。


日本では、神に何かお願いしたいことや伝えたいことがある場合に、神社に足を運びお祈りをすることが日常となっています。日常的なお願い事はもちろんのこと、日本人の間に根付いているお正月の初もうでや七五三などの行事も、様々な願いを胸に神社で執り行うのが基本です。また、お祀りされている神々は神社によって異なり、それぞれの特徴・性質に合わせたお願いをすることが一般的です。神社は日本全国にあり、各地で例大祭などのお祭りが開かれることも少なくありません。そしてそのお祭りに参加した経験がある方も多いことでしょう。


このように我々日本人の間に馴染む神道は、そうであると意識していなくても、自然な存在として私たちの中に定着していることが分かります。非常に身近で自然な存在、それが日本人にとっての神であると言えます。